留学生との交流は、世界観を広げるチャンス!

現在の若者の多くは内向的な人間が多い

戦後の日本人は、日本の復興を目的として、団結を行ない前向きに行動をしていた物です。学ぶ思いは留学生として海外へ足を運ぶ人も多くいましたよね、この勤勉さが日本を大いに発展して来た物です。現在の若者は、昔に比べ海外留学への意思が弱いと言われています、その多くは、海外へ足を運んでも得る事が出来る内容に魅力を感じないためだとも言われています。又、昔の子供は、自らプラモデルやラジコンなどを組み立てて作る事を行っていましたが、現在の子供は既成品として与えられる内容が多く、創造する力を失っているとも言われています。つまり、自ら創造して能動的に行動をする力が弱っているとも言えるでしょう。

海外の留学生は、昔の日本人の姿

海外の留学生の中には、日本を選ぶ人も多くいます。日本は、急激に文明を発展して来た物であり、その多くは海外からの投資では無く、自らの力で発展を成し遂げた国だからです。日本の文化は、以心伝心と言う言葉があるよに、相手の思いを感じ取り、それに答える文化ですよね。その思いは、商品に活かさせたり、サービスなどに繋がっている事も良くあります。日本は、教科書で学ぶ以外の内容を多く学べる場所として、海外の留学生の方から人気を集めていると言え、それは昔の日本人の姿と言えるでしょう。

朱に混じれば赤くなる、現在の学生は留学生との交流を

前向きな若者が少ない原因は、出る釘は打たれると言う考え方が日本にあるためと言えます。この様な考え方が多くなれば、必然的に控え目な人が増えて前向きな行動力を失ってしまいますよね。朱に混じれば赤くなっていると言えるでしょう。留学生は、様々な価値を持ち、逆に出る釘でなければ、個性を出す事ができず、ビジネスの世界では生きていけないと考える人も多くいます。海外から日本へ訪れる留学生と交わる事によって、それが刺激となり、自分自身の潜在的な力を表に出す事も可能になりますよ。

中国人技能実習生を受け入れることで労働力が上がるだけではなく補助金をもらうことができるので金銭面でも安心です。